佐々木東洋

提供: nigowiki
移動先: 案内検索

 天保10年6月22日(1839年8月1日)生まれ、大正9年(1918年)10月9日没。洋方医、内科医。

  • 神田区西紅梅町の杏雲堂醫院に、一葉は中島歌子の使いとして通うことがあった。その際に、一葉の肩こりがひどいことを知り、「外に発するとよいが、内にこもると命取りになる」と指摘した。
  • 佐々木東洋の養子は佐々木政吉(旧姓は中田)。安政2年11月11日本所花町生まれ。佐々木東洋に弟子入りして食客となり、その後に養子とした。明治19年の帝国大学令で、佐々木政吉は内科の教授に就任。明治26年に講座制が始まると、第一内科は佐々木政吉、第二内科は青山胤通、第三内科はベルツ教授。佐々木政吉は日本の内科の研究の基礎を築き、後身を育てた。また平塚に結核療養所を設立した。
  • 政吉の嫁は萩の舎の門下で、明治24年に撮影された集合写真にいる。