佐藤梅吉

提供: nigowiki
移動先: 案内検索

 審書調所の真下晩菘の許で、樋口則義が下僕となっていたころの同僚。小石川区西青柳町2(護国寺前)に住んでいた。

 則義の死後も樋口家と交流があった。 明治24年1891年)9月29日の日記に、一葉が書状を出したとある。

  • 渋谷三郎は上京に際に立ち寄るなど親交があった。