加藤安彦

提供: nigowiki
移動先: 案内検索

 文政3年(1820年)生まれ、明治31年(1898年)1月30日没。歌人・国学者。尾張犬山藩士。萩の舎に評者として参加。号は松園。

  • 八田知紀門下の歌人。
  • 歌集『松廼のしたたり』。
  • 『松の下草』は明治36年の死後の出版。息子の加藤重太郎が編集者で発行者。数万首の歌から選んで編集された。出版当時の加藤重太郎の住所は東京市四谷区仲町3丁目8番地。
  • 国学を植松茂岳に学び、儒学を角田春策に学んだ。