半井桃水

提供: nigowiki
移動先: 案内検索

 万延元年12月2日(1861年1月12日)対馬の厳原の生まれ、大正15年(1926年)11月21日没。本名は半井洌(きよし)、幼名は泉太郎。対馬出身の新聞記者・小説家。桃水は李白が杜甫を読んだ漢詩に由来するもので、「桃花流水」桃の花の時期の清流のこと。新聞社の津田出が勝手に付けたペンネーム。

 対馬藩医半井湛四郎の長男として生まれ、11歳で上京し共立学舎に学ぶ。三菱に一時期入社するが、上司と対立し退社。明治13年に魁新聞に入社。廃刊後、釜山にいた父の許に学僕として滞在。明治15年の京城事変が起こると、朝日新聞の特派員として取材。その後、明治16年(1883年)に釜山で成瀬もと子と結婚するが、翌年肺病で死去。明治21年(1888年)に東京に戻り、朝日新聞に入社。明治の長唄「鳥羽の恋塚」の作詞者としても著名。臨時ではあるが、大正14年(1925年)7月に初代の長唄協会会長となった。

 父湛四郎は半井家の養子。旧姓は龍田。そのため、半井桃水の弟の浩は父の旧姓の龍田姓を名乗り、龍田浩。

一葉との交流

 明治24年1891年)4月15日に野々宮菊子の紹介で一葉は芝の南佐久間町の桃水宅(寄席・恵智十の裏の突き当たり)を訪問し、小説の指導を求めた。桃水は女性のすることではないと止めたが、一葉の要望で小説の指導を行うこととなった。知人の小宮山桂介にも紹介し、小説の批評を受けることになる。

 明治25年1892年)2月4日の「雪の日」は桃水と一葉の恋心を書き留めた日記。平河町の隠れ家で、桃水はお汁粉を作り、一葉に食べさせている。

 邦子は友人の関場悦子から半井桃水の負債問題を聞かされていた。半井桃水自身も実際に負債から逃れるために転居などを繰り返していた。萩の舎では、一葉と桃水の交流を批判する声が強く、その後、一葉は桃水との師事関係を解消することになる。一葉は野々宮菊子の噂話から半井桃水が鶴田たみ子と関係を持ち、千代子が生まれたと最後まで信じていた(実際は半井桃水の弟の子供だった)。

 桃水は一葉を知人だった尾崎紅葉に指導を依頼していたが、一葉の周辺の反対で実現しなかった。

 桃水は一葉の書を評価し、雑誌「武蔵野」の題字を依頼、当時人気のあった半井桃水の小説『胡砂吹く風』では一葉の和歌の自筆を版刷りにした。また、桃水は「闇櫻」の原稿を死ぬまで愛蔵した。

 一葉は『胡砂吹く風』の登場人物の喜怒哀楽が自然に感じられる点を評価していた。

 明治28年6月3日に当時田中みの子の例会には出ずに、すぐ近くの飯田町4丁目21番地の桃水の本宅を訪れる。桃水の妹の幸子、鶴田たみ子の子供の千代が在宅、久しぶりに桃水にも出会うことになる。

 西片町10番地に住んでいた時は、従姉の河村千賀子宅にいた。娘の河村菊枝に影響を与え、彼女はその後に女優となった。  大橋乙羽は桃水と藤本藤蔭から一葉の名前を聞き、桃水から一葉の住所を伝えられ、「ゆく雲」の執筆依頼をすることになった。(大橋乙羽明治28年3月29日付書簡)  桃水の小説『胡砂吹く風』の題字は朴泳孝によるもので、一葉は日記で朴泳孝を朝鮮の忠士と書いている。桃水は甲申事変の首謀者で親日派の金玉均朴泳孝の二人と交流があった。

その他

  • 日露戦争では乃木将軍のいる第三軍に従軍記者として参加した。記事では挿絵も描いている。戦地ではお汁粉を作り振舞った。
  • 明治の三大奇人の一人の小川定明と交流があり、晩年まで援助を行っていた。