太田竹子

提供: nigowiki
移動先: 案内検索

 明治3年(1870年)11月9日生まれ、昭和29年(1954年)4月22日没。。萩の舎の塾生。木下杢太郎の15歳年上の三姉に当たる。次姉の錦子と共に萩の舎に通っていた。明治女学校卒。

 一葉と竹子は親しく、二人で撮影した女学生風の写真が木下杢太郎記念館にある。

 明治26年1893年)4月11日司法省官吏の斎藤十一郎と結婚。斎藤竹子となった(娘・はま)。一葉の日記には、しばらく後の4月29日に「太田竹子君、斎藤それがしの妻に成りたる、それも来る。西片町に住居するよし。『我が家をも訪はん』などいふ」と記される。