山崎正助

提供: nigowiki
移動先: 案内検索

 生没年不明。甲州出身で真下晩菘の庇護を得た一人。

 仙台藩の代官に仕えていたが関係がうまくいかず、その後、晩菘は伝通院の表の右角の山崎という御家人の娘の婿養子として山崎正助を紹介した。息子は関東丸の工作長や予備海軍造船大監を務めた山崎甲子次郎。

 一葉家とも関係が深く、たきは借金の依頼をたびたび行った。また、借金を依頼されたときに、山崎は一葉と阪本三郎との縁談を提案した。