嶋田政子

提供: nigowiki
移動先: 案内検索

 萩の舎の同人。島田政子とも書く。横浜毎日新聞の社員総代・島田豊寛の娘。婿養子となった政治家の島田三郎嶋田三郎)の妻だったが、三郎の外遊中に書生との関係を持ったとされ明治23年頃に離婚。書生は郷里に帰ったが、島田三郎はその後も書生を援助したとされる。政子は「われから」の主人公お町のモデルとされる。後に香川政子となる。

  • 明治女学校の開校当時、島田政子は教員となった。この当時は服装が派手で、キリスト教の運動にも盛んに参加していた。
  • 内田魯庵は島田家の書生が文学に強い興味を持っていたことから、自宅で仕事の手伝いをさせていた。
  • 明治25年、島田三郎は西村信子と再婚。夫婦で足尾銅山事件を追及した。