文学界

提供: nigowiki
移動先: 案内検索

 明治26年1893年)1月から明治31年(1898年)1月まで刊行された文芸雑誌。巌本善治の「女学雑誌」から分離して創刊された。星野天知が編集者。三宅花圃は「文学界」に初期の段階から関わっていて、「文学界」というタイトルの提案も花圃が行った。主要な執筆者の活躍から三期に分ける見方があり、第一期には北村透谷の評論、第二期には一葉の小説、第三期には島崎藤村の詩、に代表される。明治29年以降に、田山花袋、田岡嶺雲、金子薫園などが参加した。星野天知が家庭円満主義からこれ以上は「文学界」を維持できないと平田禿木島崎藤村に通知して、明治31年1月に58号で廃刊となった。

 樋口一葉は平田禿木が『都の花』の小説に関心を持ち、(「女学雑誌」で発表していた)三宅花圃を通じて平田禿木が一葉と交渉するようになり、「文学界」で定期的に作品を発表した。

 一葉は「文学界」の創刊前から話を聞かされていたが、作品の完成時期から第3号以降に掲載される。北村透谷が自殺した後、平田禿木馬場孤蝶上田敏など文学界の同人が樋口一葉の丸山福山町の家に訪れるようになり、文学サロンとなった。

一葉の掲載作品