島尾広子

提供: nigowiki
日野西広子から転送)
移動先: 案内検索

 明治6年(1873年)生まれ、昭和31年(1956年)没。萩の舎で同門。長州藩士(木戸派)・陸軍軍人の鳥尾小弥太(廃藩置県の推進者の一人)の娘。明治天皇の侍従を務めた日野西資博(1870-1940)と結婚し、日野西広子。結婚前は東京府小石川区関口台町192番地に住んでいた。明治23年の住所には、「豆洲加茂郡伊豆山」とあり、伊豆に別宅があったと思われる。

 田辺花圃天野瀧子と親しく交際していた。一葉は「筆すさび」の中で彼女を「行末頼もしき筆力」と評価している。

  • 華族女学校に通っていた。
  • 昭和50年代の演劇「明治の雪」では、島尾令嬢として登場人物となった。

関連リンク