1874年・明治7年

提供: nigowiki
明治7年から転送)
移動先: 案内検索

 明治7年。樋口一葉は2歳。則義44歳。三女の邦子が6月22日に生まれる。教部省の官吏の時期に、則義の月給は50円となり、彼にとってもっとも高給となった。

樋口家の出来事

  • 2月に下谷練掘町から麻布へ転居。則義は不動産業・金融業を始める。
  • 6月22日、次女邦子生まれる。
  • 10月、姉のふじ和仁元亀と結婚。

同時代の出来事

 読売新聞が創刊。

政治・経済

  • 東京府知事・大久保一翁(1872年5月25日~1875年12月19日)

同年生まれの人々

 同年の生まれは上田敏(10/30)、河井酔茗(5/7)、小説家の田澤稲舟(2/28)、梨本伊都子の夫である梨本宮守正王(3/9)。他には、高浜虚子(2/22)がいる。