華族女学校

提供: nigowiki
移動先: 案内検索

 明治18年1885年)に華族の娘の教育のために設立された学校。

 樋口則義下田歌子に一葉の入門を打診したところ、弟子は取っていないため、華族女学校への入学を提案された。当時は華族女学校の設立からすぐの時期で、生徒は家族だけに限定されていなかった。一葉は明治19年(1886年)に中島歌子に入門するが、華族の子女たちが多く華族女学校に通うものも多かった。

  • 下田歌子は結婚を機に宮中を去るが、夫が死没後に華族女学校での女子教育を依頼される。下田歌子と津田梅子は宮内省御用掛でもあった。
  • 9月1日から7月31日までを一年とした。

萩の舎にも通った学生