金港堂

提供: nigowiki
移動先: 案内検索

 明治8年に原亮三郎によって横浜で創業された出版社。翌年には日本橋に移転。教科書、文芸雑誌などを中心に出版した。中根淑が支配人、編集者となり、二葉亭四迷の『浮雲』、田辺花圃の『藪の鶯』などが出版された。文芸雑誌「都の花」は明治初期を代表する文芸雑誌。

  • 明治27年の横浜東京電話交換加入者名簿では、電話番号は302番。

都の花

 「うもれ木」は第95号(明治25年1892年)11月20日)、第96号(12月4日)、第97号(12月18日)に連載として初出。「暁月夜」は第101号(明治26年2月19日)に掲載。

 田辺花圃の小説『藪の鶯』は明治21年1888年)6月に出版。