長齢子

提供: nigowiki
移動先: 案内検索

 明治3年6月生まれ、昭和9年没。明治三筆の一人・長三洲の娘。萩の舎の塾生。

 一葉は樋口則義の法名の筆書きを父親の長三洲に依頼し、法名を書いたものを送ってもらった。

 その後、貞明皇后太夫・大森鍾一の継室として結婚し、大森齢子となった。