高崎正風

提供: nigowiki
移動先: 案内検索

 たかさき・まさかぜ。天保7年7月28日(1836年9月8日)生まれ、明治45年(1912年)2月28日没。初代の御歌所長。

 幕末には薩摩藩と会津藩の薩会同盟のため奔走した。西郷隆盛とは対立。明治維新後は宮内省の中心となり、小出粲伊東祐命を宮内省文学御用掛に推薦した。中島歌子とも交流があった。

  • 高崎が20歳頃に税所敦子と知り合い歌の指導を願うが、教える立場ではないとお互いの歌を見せ合うようなった。
  • 文政三年八月十八日の政変では、高崎正風は会津藩の秋月悌次郎と画策して、政変を生じさせた。

著書

  • 『歌ものがたり』、明治45年、東京社。