1878年・明治11年

提供: nigowiki
1878年から転送)
移動先: 案内検索

 一葉は6歳、則義は48歳。四大区小七区本郷6丁目50番地の通称桜木の宿に在住(明治9年4月から明治14年7月まで)。

主な出来事

  • 一葉は吉川学校下等小学第8級卒業。
  • 泉太郎は松本萬年塾/止敬学舎を辞める。

同時代の出来事

  • ノーベルの代理人となり、モリソン商会がダイナマイトの独占販売を始める。
  • 5月11日に東京株式取引所が設立され、6月1日より営業を開始。
  • 12月、東京府脚気病院が開設。遠田澄庵佐々木東洋らが専任の治療医となった。

政治・経済

  • 東京府知事・楠本正隆(1875年12月19日~1879年12月12日)。

同年生まれの人々

 同年生まれには、与謝野晶子(5/29)、佐々城信子(7/20)がいる。