1895年・明治28年

提供: nigowiki
1895年から転送)
移動先: 案内検索

 一葉23歳。丸山福山町で二年目。『文学界』では「たけくらべ」の連載が始まり、博文館の『太陽』と『文芸倶楽部』に一葉作品の掲載が随時掲載。丸山福山町は人々が集まり、文学サロンの様相を呈する。

主な出来事

同時代の出来事

  • 1月、雑誌『太陽』が創刊。
  • 4月17日、下関条約が調印。
  • 6月、泉鏡花は祖母に会うために帰郷(10月に戻る)。
  • 10月8日、朝鮮王妃・閔妃が殺害される(乙末の変)

日記

  • 水の上日記 - 明治28年に残された日記はおよそ3か月分。明治27年11月14日から明治28年4月16日までが欠落、6月17日から10月6日までが欠落、11月4日から年末までが欠落。「水のうへ」の冒頭に12月30日の馬場孤蝶の帰京が記される。

同年生まれの人々

 同年生まれには、森銑三(9/11)がいる。