三宅雪嶺

提供: nigowiki
2018年4月5日 (木) 23:30時点におけるKleez (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

 万延元年5月19日(1860年7月7日)加賀(石川県)生まれ、昭和20年(1945年)11月26日没。哲学者、評論家。

 明治25年1892年)11月19日に田辺花圃と結婚。同年の12月26日に一葉は三宅の新宅を訪問した際、三宅雪嶺と(同席していた志賀重昂にも)会った。新聞国会で論説を担当。ヘーゲル哲学などを研究。

  • 明治25年当時は、三宅雪嶺と志賀重昂の二人が正教社の主要メンバーだった。
  • 囲碁好きで知られ、上野の玄光院に長生会という碁のグループを結成した。