明治女学校

提供: nigowiki
移動先: 案内検索

 明治18年1885年)に牧師・木村熊二が九段下牛ヶ渕に創設した女学校。島田三郎田口卯吉、植村正久、巌本善治が発起人。田口卯吉の姉・木村鐙子(とうこ)が取締役になったが、創設翌年に死去。明治20年1887年)に巌本善治が教頭となり、実務の中心となった。明治25年1892年巌本善治が二代目の校長となった。

  • キリスト教系の女学校の華やかさを排して、地味で質素なスタイルを維持した。外国人宣教師による支配を回避して、日本人による女学校の確立を目指した。
  • 巌本善治はカリスマ的な人気があり、北村透谷島崎藤村も教師として生徒から人気があった。二人が退職後は青柳有美が人気のある教師だった。
  • 英語教師には、若松賤子、(巌本善治が梅子の父・津田仙の学農社農学校に学んだ縁)津田梅子がいた。この他に、島田政子、人見銀、植村正久の妻・植村季野、富井於菟も教員だった。
  • 巌本善治の主催する『女学雑誌』の参加者、星野天知北村透谷馬場孤蝶戸川秋骨島崎藤村などを若手の教員として採用した。
  • 太田竹子は学生として在籍した。
  • 同志社卒業三人組として、竹内梅、榊なつ、廣瀬恒がいた。
  • 学生には、相馬黒光(1875-1955・明治28年1895年)入学・中村屋の社長の妻)、佐藤輔子、山室機恵子、羽仁もと子、野上弥生子などがいる。特に、羽仁もと子・相馬黒光(星良)・野上弥生子の三人が著名で、明治女学校の三羽烏と呼ばれた。
  • 高等科、師範科、普通科、幼年科、専修科などがあった。
  • 生徒数は明治19年45名、明治20年141名、明治21年224名。明治26年明治27年に300名ほどで全盛期とされる。