樋口悦

提供: nigowiki
移動先: 案内検索

 明治34年8月22日生まれ。樋口邦子の長男。一葉の甥に当たる。

 一葉女史碑建立時には早稲田大学の学生。大正13年に早稲田大学を卒業。同年に安田銀行に入社。昭和19年に安田銀行を退社し、軍需会社・日本鋼板工業に入社し昭和22年まで勤務。昭和25年8月に二葉株式会社に入社し監査役となり、昭和26年1月に取締役となる。その後、日本学習図書会社社長。一葉の研究者ともなり、一葉全集の編集にも参加した。

  • 明治37年春、幼少期に森田草平の開催した一葉祭に母邦子に連れられ、丸山福山町の一葉旧居を訪れた。
  • 樋口悦は益田勝俊の大菩薩峠越え説が間違いだと指摘した。
  • 日本近代文学館には396点の一葉関連のコレクションを寄贈した。