紅葉館

提供: nigowiki
移動先: 案内検索

 明治14年に開店した芝区芝公園20号地の高級料亭。13人の出資者により設立され、野辺地尚義が代表となる幹事に就任。昭和20年3月10日の東京大空襲で焼失した。

 読売新聞硯友社の関係者が頻繁に利用していた。尾崎紅葉はこの料亭の名称から自身を紅葉と名づけた。

 「われから」の金村恭助に通い遊んでいたことから、主人公のお町に嫉妬される。

  • 高田早苗は紅葉館の女中と恋仲となった。
  • 紅葉館の芸妓出身者には、クーデンホーフ光子(青山光子)、『金色夜叉』のお宮のモデル・中村須磨子(大橋新太郎と結婚し、大橋須磨子)、原敬の後妻・菅野浅子、がいる。

関連サイト